萩原流行の出る里見八犬伝が好きです。まだ読んでない本はたくさんあるんですが、また新しい本を買ってみました^^
えーと、今年ようやく2年前に放送されたタッキー主演の里見八犬伝を(ざーーっと)見たので、記
念に(←何のだよ!)「南総里見八犬伝」をチョイス!
「歎異抄をひらく」と「12字の漢字が示す 曲がり角の日本」は父の本ですが、しばらく読む時間が
ないので先に読んで良いと言われて借りてきました。(建前上は)
「12字のry」の方は可哀相な本でね…父に「買わなきゃ良かった」と言われ、私に「100ページもな
いペラペラのこんな本が1000円とかwww」と言われ(笑)挙句の果てには「デカくて本棚に入らないから要らないわー。面白くもなさそうだし、お前にやる。」と、半ば追い出される形で私の元に来ました(;´Д`)

南総里見八犬伝」はみなさんご存知、滝沢馬琴著の作品。
小学校の図書室に10巻くらいで完結する南総里見八犬伝があって、それにチャレンジしたのです
が話の内容が難しくて断念。小学校低学年にはキツかった(笑)もういい歳だし、ギビナーズ・クラシックだし、大丈夫かな〜と思い再度チャレンジしてみることにしました(`・ω・´)
映画版では、やっぱ萩原流行の出てる里見八犬伝が好きだな〜。今見るとちゃちい映像かもしれ
ないけど、初めて見たときはそりゃ食い入るように見たもんだよ(*´д`*)
あ゛っ…なんだかまた観たくなって来た><;調べてみたらDVD出てた!やったー!やった
よー!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ私コレ、絶対買うわー。

歎異抄をひらく「歎異抄」はタイトルを聞いた事はあるけど、恐らく読んだことはないかと。教科書でも見てないと思うし。
歎異抄をひらく」はビギナーズ・クラシックスみたいな感じで現代語訳と原文が載っている本。解
説本みたいなもんですなー^^読むの楽しみです。
本を軽く開いてみたら、中も凄く綺麗なんですよ!原文そのままのコピー(筆字)や桜の花の写真がたくさんあって雰囲気がある。なにより良い
と思ったのは、字がもの凄くデカいこと!!(笑)
これは読みやすい^^

12字のry」は1995年〜2006年までを表す漢字(12月12日に清水寺で発表されるアレ)を紹介しながら、その年に何があったのかをつらつら書いてる本です。96年「食」、97年「倒」、98年「毒」、99年「末」、00年「金」、01年「戦」、02年「帰」、03年「虎」、04年「災」、05年「愛」、06年「命」、覚えてました?
でもこーしてみると、やはりその年を表す漢字なだけあって、何があったのかうっすらと思い出せ
ますね(・∀・)
うっ…………すらとね。

 

             
 

里見八犬伝(DVD) ◆20%OFF!