本棚の整理をしたところで、さっそく小野不由美さんの本を注文しました。
くらのかみ」と「黒祠の島」と、久しぶりのビギナーズクラシック「おくのほそ道」の3冊。

「黒祠の島」は講師時代に生徒が「先生、小野不由美が好きなら…」と貸してくれたので読んだことはあったのですが、本を見た時は“ウガッ(゚Д゚;)…厚い(本)…”と思いました(笑)
一応借りる前にその生徒さんに“私は読むのが遅いから感想だけ教えてもらえれば、あとは自分で買うから…”と、軽〜く断りを入れてみたんだけど

大丈夫です。私、もう読んだんで^^
それに、返すのもいつでも良いですよ!

て…本当に良いコや〜(*´д`*)(笑)
確かに同じ町内に住んでるから返しに行こうと思えばいつでも返しに行けるんだけど、やっぱ申し訳ないから頑張って読みました。それでも1ヶ月くらいかかったけど^^;
今となっては風車が回ってるイメージしかないんですけれども…。いつか必ずまた読む!←出たよ(笑)

「くらのかみ」は何ですか、アレは?!
小野不由美著で絵が村上勉とか、こ…この本は私のための本なのか?!と勘違いしそうになりますね。まあ完全に勘違いなんですけどね( ・ω・)…
まあまあ、これもいつか必ず読みましょう!

買ってばかりで読まない私なのですが、既に他に気になる本があります。

 あやし    おそろし

ん〜、夏っぺ〜〜〜(ノ´∀`*)